メタルで引き立てるひな祭り ArtRage

2020-3-02

こんにちは。デジタルライフ・コンシェルジュの杉山きみ子です。

 

タブレット用お絵描きソフト「ArtRage」、今回はツール紹介ではなく、「メタル」という設定をご紹介します。

 

 

●「メタル」はカラーピッカーで0~100%までドラッグ操作で設定することができます。


 

 

 

 

●次の図は、ペン・水彩・油彩の3つのツールで
メタル設定0%(設定なし)・50%・100%を比較したものです。
設定すると金属のような質感になったり、ざらざらした感じになったりします。色は少し暗く沈んだ感じになります。


 

 

 

 

●ペンや水彩に30%ほどのメタルを設定するとモルタルの壁のような感じになりますが、布のちりめんの質感にも似ていることに気がつきました。

 

 


 

●油彩に設定すると、盛り上がる油絵の具のようにボリューミーになり、色は暗くなるので、例えば白は「銀色」に、黄色は「金色」にと、豪華になります!(^^)!

 

 

 


 

●「塗りこぼし」ツールに設定すると、デコボコした壁のような背景が作れます。左上から右下へ光が射してちょっと素敵です。“カッコイイ”を演出したい時に(私は)よく使います。
濃い色より薄い色のほうがメタルの効果は大きいようです。
   

 

 

 


●これらを利用してひな人形を描いてみました。
全体的に淡い色使いでちりめんの風合いを活かしています。

 

 

 

 


金色の油彩に100%のメタル設定で、晴れ着にボリューム感と豪華さをもたせました。背景も負けずに豪華な金屏風です。

 

 

 


   

いくつになってもひな祭りは心が華やぎますね。何より着物の柄を描くのがとても楽しかったです。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

 

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 杉山きみ子
パソコン塾三郷教室(埼玉)
https://www.misatokyousitu.com/

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ