写真撮影で楽々名刺管理

2020-4-19

こんにちは デジタルライフ・コンシェルジュ 福井和美です。


このところ外出もめっきり減り、家で時間を持て余す方も多いでしょう。こんな時に向いているのが整理作業ですね。今回は名刺の整理はいかがでしょう。


「名刺交換なんてしないな~」

という方も、住まい関連の業者さんとか銀行員さんとか、名刺をもらう機会は結構あるはず。知らないうちにたまっているものですよね。
 
昔は名刺ホルダーに1枚1枚差し込んでストックしていたものですが、今は名刺をもらったら即スマホで写真撮影して、CamCard(個人版)という無料の名刺管理アプリの中に入れます。
 

 


このアプリ大変すぐれもので、OCR(文字認識)機能が組み込まれているので、撮影するとその内容を読み取り、名前、会社名、所在地、電話番号など、それぞれの項目ごとに自動的に入力がされます。名刺ってデザインレイアウトはかなりまちまちですが、AIの力でそれなりにちゃんと識別しているのがすごいです。仮に間違った読み取りをしても、写真を見ながら修正はできるので大丈夫。撮った写真も画像として残りますから、名前と会社名程度を正確に修正しておけば、あとは多少違っていても、必要な時に写真で確認すればOKです。

 

 


もちろん、文字として入力されるので、並べ替えや検索も可能です。
名刺箱の中はこんな感じ。

 

 


 
また、名刺に「メモ」として情報を付け加えることもできます。後で「この人いつ会ったんだっけ?」なんてことにならないよう、ちょっとしたコメントを添えておくのもいいですね。
営業相手だったら、訪問日、訪問相手、訪問方式、訪問内容、訪問結果などの記録をつけていく「訪問手帳」の機能もあります。ここでリマインダーに次回の訪問日を設定しておくと、カレンダーアプリに自動的に書き込まれるのもありがたいことです。

 

 


また、自分の情報のQRコードが保存されているので、同じアプリを使っている人同士なら、それを撮影し合ってデジタル名刺交換すれば、そのままアプリデータとして入っていきます。

 

 

 
大量にたまってしまった名刺であれば、1枚1枚写真を撮るより、一気にスキャナでスキャンしてアプリに取り込む方法もあります。
オペレーターによる人工補正機能の利用や多種多様な外部サービスとの連携が可能な、法人向けの有料プランもあります。

 

時間がたっぷりあるときこその整理作業ですね~。

 

デジタルライフ・コンシェルジュ 福井 和美
ぱそメイト国府宮教室(愛知)
https://www.omni20.com/
https://blog.livedoor.jp/ofuku/

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ