• 吉田智司

年賀状の当選番号と整理はスキャナーが便利

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの吉田です。

令和3年のお年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されました。


手元の年賀状のチェックと同時に年賀状の整理をしちゃいましょう。


使う道具はスキャナーが便利です。


このタイプはコンパクトでバッテリー内蔵。鞄に入れて持ち運べますから手元の資料もその場でパソコンやスマホに取り込めます。

ただし、片面取り込みなので年賀状の様に両面取り込む場合は2度通す必要があります。また1枚1枚手差しです。


これだと年賀状を両面同時に取り込みオートシートフィーダーでまとめて一気に読み取れます。オフィスに置くならこちらがおすすめです。



●年賀状の取り込み


年賀状をPDFファイルとして取り込みます。



取り込みが完了すると管理画面が表示されます。

取り込んだ年賀状を選択し「検索可能なPDFに変換」をします。

これをするとパソコン等で開いたときに文字検索ができるようになります。


ファイルはわかりやすい名前を付けてドキュメントフォルダなどに保存しましょう。




●年賀状当選番号の検索


年賀状のファイルを開いて当選番号の確認をしましょう。

文字検索可能なPDFとして保存したので、1枚1枚見るよりも手早く検索できます。


保存した年賀状ファイルを開きます。

「編集」→「簡易検索」(またはCtrl+F)で当選番号を入力し検索します。


1等・2等は残念ながらありませんでした。

3等のお年玉切手シートの番号が数枚見つかりました。

数字の検索は本文や住所などの番号も検索してしまいます。必ず目視で確認してくださいね。



これだと番号確認と同時に年賀状の整理も済んでしまいます。

かさばらないのでお勧めですよ。


デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com/

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。