• 吉田智司

おすすめ3Dプリンター2機種

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの吉田です。


少し前までは高嶺の花だった3Dプリンター。


3Dプリンターとは、データを元に樹脂を一層一層積み重ねながら、立体物を作成(印刷)する器械です。


最近の機種は実用的な性能のものが2~3万円台で買えるようになってきました。

「これなら実際に買って試しに使ってみよう」

と、方式の異なる2台を購入してみました。



3Dプリンターは成型方法において、現在市販品の主流となってる方式は大きく2つあります。



●FDM方式(熱溶解方式)


ANYCUBIC MEGA-S 3Dプリンター


FDM方式(熱溶解方式)とはフィラメントと呼ばれるコード状の樹脂を熱で溶かし、ノズルから抽出して積み重ねて積層を作って立体物を作成する方式です。

ANYCUBIC MEGA-S 3Dプリンター」は20cm四方のサイズのものが作成でき、YouTubeでも取り上げている動画も多くおおむね評判が良かった機種です。




●光造形方式


ELEGOO Mars 2 3Dプリンター

光造形方式とは液体(レジン)に紫外線を照射して固めて層を作って立体物を作成する方式です。

液体を使うため、FDM方式に比べるといくつかの手間がちょっと面倒ですが、作成物は層がわからないほどきれいに作れます。


ELEGOO Mars 2 3Dプリンター」はそれほど大きなものは作れませんが、小物をきれいに作るのには向いています。



両方合わせても5.5万円(2021年3月現在)

それぞれの使い勝手に関しては次回お伝えします。


デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com/

最新記事
アーカイブ
タグ検索