• パソプラ編集部

前のコピーを一覧表示フリーソフト「CLCL」

こんにちは、パソプラ編集部です。


パソコンで文章の入力をしているとき、入力が面倒な何度も出てくる固有名詞などは一度入力したものをコピーして、再度入力するときにペースト(貼り付け)をすると労力が大幅に軽減されます。「コピペ」と呼ばれたりもします。


中上級者になると右手はマウスで文字をドラッグし、左手の小指と人差し指で「Ctrl+C」キーでコピー。マウスで貼り付けたい場所にカーソルを移動させ、左手ですかさず「Ctrl

+V」キーで貼り付けたりします。




OSレベルの機能なのでどのソフトでも使える機能ですが、欠点は次の文字をコピーしてしまうと前にコピーした内容は上書きされてしまいます。


「Ctrl+V」で貼り付けたら

「貼り付けたいのはひとつ前の内容だった」

ということが良くあります。


そこで今回は前にコピーした内容を呼び出してくれるフリーソフトをご紹介します。


CLCL(クルクル)


サイトにある「clcl211.exe」をクリックしてダウンロード。Wクリックしてインストールします(内容を確認しながらインストールしますが、基本「次へ」「はい」「完了」をクリックしていって大丈夫です)。


初回の起動はスタートより最近追加されたもの「CLCL」をクリックします。

(以降はパソコン起動時に読み込まれます)



これで貼り付けたい場所で少し前のコピーを呼び出したいときに

キーボードの「Alt+C」を押すと、これまでコピーしたものの一覧が表示されるようになります。


後は、キーボードの番号を押すかマウスでクリックすれば貼り付きます。


文章を入力するときに便利に使えるので、ぜひ、パソコンにインストールしてみてください



デジタルライフをデザインする教室 パソコープ

パソプラ編集部

Instagram:@pasopla.writter

Twitter::@pasocoop

最新記事
アーカイブ
タグ検索