• パソプラ編集部

「テレビの音が聞き難い」等いろいろ使える

こんにちは、パソプラ編集部です。


「Bluetoothトランスミッター」というものをご存じですか?


スマホはBluetoothが内蔵されているので、BluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーに無線で音を飛ばすことができますが、テレビや一昔前のオーディオ機器などはBluetoothが無いため有線のイヤホンやスピーカーしか使えません。



例えば「テレビの音が聞きづらい」などの場合、手元スピーカーなどロングコード付きのスピーカーが販売されています。

これはこれでヘッドホン端子に挿すだけなのでお手軽で便利ですが、テレビから離れて使う場合コードが部屋に散らかってしまいます。



これを解決するのがBluetoothトランスミッターです。


これが有ればテレビやオーディオ機器にあるヘッドホン端子に繋ぐだけでBluetoothで音声を飛ばすことができます。

受信用のBluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーが必要ですが配線が無いので快適に聞くことができます。


たくさんの種類が販売されていますがおすすめはこちら


【光デジタル端子】TaoTronics Bluetooth トランスミッター レシーバー aptx-LL 低延遅 Bluetooth 5.0 受信機 送信機 15時間再生 2台同時接続 充電しながら使用可 一台二役 小型 TT-BA09

(タイムセール中のため価格が異なります。通常価格3,999円)



Bluetoothトランスミッターを選ぶ際に注意するポイントは「遅延」です。

オーディオとし楽しむ場合はそれほど問題はありませんが、テレビの音を聞く場合は映像に対して音が遅れて聞こえると、非常に聞きづらくなります。


これはBluetoothの規格が大きく左右しますので「Bluetooth5.0」と言う規格に対応しているものを選びましょう。


これは受信側にも言えるのでBluetoothイヤホンやBluetoothスピーカーも「Bluetooth5.0」に対応している必要があります。



またこの機種の特徴として受信機とし使うこともできます。


スマホやタブレットの音楽配信サービスの音声をBluetoothで出力し、この器械につないだ有線ヘッドホンやオーディオ機器で高音質で楽しむことができます。



コードから解放されて音が聞けると思っていた以上に快適になります。

ぜひ、お試しください。


デジタルライフをデザインする教室 パソコープ

パソプラ編集部

Instagram:@pasopla.writter

Twitter::@pasocoop

最新記事
アーカイブ
タグ検索

Copy Rights(c) PASOCOOP, All Rights Reserved

「パソプラ」は一般社団法人パソコープが運営しています。

一般社団法人パソコープ」はデジタルライフをサポートするパソコン教室の団体です。