• 吉田智司

広告をブロックする高速のWebブラウザ「Brave」アプリ

こんにちは、デジタルライフコンシェルジュの吉田です。


スマートフォンでインターネットを見るときに普段使っているアプリは「Google Chrome」です。

パソコンやタブレットとも履歴が共有されて便利ですし、マップなど他のアプリとの連携もスムーズで快適に使えます。



しかしニュースやまとめサイトなどを見る場合、広告が多くてなかなか記事にたどり着けない場合があります。


こんなサイトを見るときに便利なWebブラウザアプリ「Brave(ブレイブ)」をご紹介します。




インストールして開くと説明画面が表示されます。横にスクロールしながら読み進めます。


最後の説明画面で「プライバシーレポートをONにする」(または×)をタップします。

個人情報も特に登録することなくホーム画面が表示され使えるようになりました。

上部の「検索語句またはウェブアドレス」からホームページを検索します。


某まとめサイトの表示比較です。

Google Chrome(左)は大きな広告が表示されますが、Brave(右)は広告がカットされて表示されています。


記事をタップしたときも表示されるサイト内の広告(赤線の部分)がカットされているのがわかります。



個人的にはメインブラウザは「Google Chrome」を使い続けますが、用途によっては「Brave」を使い分けると便利だと思います。


パソコン版もあります。


デジタルライフ・コンシェルジュ 吉田智司

パソコン塾三郷教室(埼玉)

https://www.misatokyousitu.com/

最新記事
アーカイブ
タグ検索