• 柴田和枝

Apple Watchを気に入っている理由

こんにちは デジタルライフコンシェルジュの柴田和枝です。

昨年末にApple WatchをSeries6に買い換えました。3台めです。



Series3を使っていた時に「AppleWatchのアクティビティApp」と題してパソプラに記事を投稿しています。


この記事を投稿してから、4年近くになろうとしているんですね。

「あの頃は、元気よく走ってたんだなあ」と、昔の記事を読んで懐かしい気持ちになりました。でも、なんだか遠い昔のような気がしてなりません。コロナで世の中が激変してしまったからなのでしょうね。


最近は、ランニングはしておりませんが、Apple Watchはいつも身に着けて使っています。もう他の時計をはめる気にはなりません(笑)。

1台で何役もしてくれて、本当に便利なんです。画面が小さいというのはありますが、明るいところでも良く見えて、見づらいと感じたことはありません。

私がApple Watchを気に入っている理由について紹介させていただきます。



① 時計の文字盤が見やすい。いろいろ選べる


Apple WatchはiPhoneと連携して使うので、設定はiPhoneのWatchアプリから行います。そこに「文字盤ギャラリー」というのがあって、実にいろいろなデザインが揃っています。

その中から気分で変えてみたり、表示する項目を変更したりできるのです。

これが楽しい!

この画面ショットは一例です。まだまだあるんですよ。




② 時計をかざすだけで、支払いができる


Apple WatchにSuicaを設定しているので、駅でもバスでもかざすだけで乗車できるし、コンビニなどでのお買物もかざすだけで支払いができます。

バックからお財布を出す手間が省けるし、iPhoneだって出さなくていいので、荷物がある時、手袋をしている時などはホント便利。

それに、何と言ってもコロナ禍。現金を触らないで済むので安全です。




③ 連絡が入ってくる


電話がかかってきた時に腕がブルブルするので、スマホがミュートになっていても電話を逃しません。

また、LINEもメッセンジャーも入ってくるので、すぐに気づくことができて即対応できます。すぐに返信したい時は、あらかじめ用意されている「了解です」をタップするだけ。音声入力もできるのです。




④ 健康管理をしてくれる


適当なタイミングで、Apple Watchが「深呼吸をしないさい」と言ってきます。この機能は結構気に入ってます。朝のストレッチタイム以外は深呼吸をすることはないので、呼吸リマインダーが働いている時ぐらいは合わせてやるようにしています。意外とリフレッシュ!

手を洗い始めると、「20秒間洗いなさい」と言ってきます。これは「はいはい」という感じですが、丁寧に洗うに越したことはありませんね。


血中酸素濃度を計測する「血中酸素ウェルネス」というアプリが入っていて、いつでも測定することができます。体調が良くない時には、この機能があると心強いですね。

どこまでの信ぴょう性があるかわかりませんが、ある程度の目安にはなるかもしれません。私の場合、何度測っても98%か99%。コロナワクチン接種後も同じでした。


心臓が気になる人には「心電図」アプリで、心電図記録を取っていくのも大事な機能のようです。




⑤ 趣味の世界を広げてくれる


いろいろな機能があるApple Watchですが、対応しているアプリはいろいろあります。たまに行くゴルフでは、GPS機能を使って残りヤードを知らせてくれます。カメラアプリでは、iPhoneで自撮りの時のシャッター代わりにも使っています。



私が、Apple Watchを気に入っている理由を5つ上げましたが、使っている皆さんはいかがですか?

スマートウォッチは、他のメーカーからもたくさん出ているし、きっといろいろな活用例があるんでしょうね。

ぜひ、みなさんのも教えてほしいです。楽しい使い方を共有しましょう!


デジタルライフ・コンシェルジュ 柴田 和枝 パソルーム戸塚・弥生台教室(神奈川) 教室HP:https://www.pasoroom.jp ブログ:パソコンとiPadとスマホのある生活 https://blog.goo.ne.jp/k_shibata3

最新記事
アーカイブ
タグ検索